不二家の最近の株価と株主になるために必要な投資金額

日本の有名な製菓会社の1つに、株式会社不二家があります。洋菓子などの製造を行うとともに、洋菓子店やレストランのフランチャイズ展開も手掛けています。不二家は、1910年に神奈川県横浜市で創業し、1938年には株式会社となりました。その後、1962年には東京、大阪、名古屋の各証券取引所に株式上場を果たします。2007年に山崎製パンと資本業務提携し、翌年にはその子会社となります。
さて、不二家は一般消費者にも認知度の高い企業であり、その株主優待も魅力的であるため、投資の対象としても人気のある企業です。ではここで、不二家株の最近1年間の値動きを簡単に振り返ってみましょう。2015年最初の取引では、同社の株価は197円からスタートしました。その後、夏ごろまでの株価は195円を基準にプラスマイナス5円ほどの値幅にて推移を続けました。夏場にはやや値を下げ、2015年8月25日に年初来安値187円を記録しますが、秋ごろから株価は勢いよく上昇し始め、200円越えも達成しました。11月26日には208円という年初来高値を付けます。しかし、その高い株価を維持することはできず、年末には年初と同じ水準にまで株価を戻してしまいます。2015年12月29日現在の株価は194円です。
なお、不二家は1,000株以上を保有する投資家に対して株主優待を実施しています。不二家の店舗で利用できる商品券が、保有する株数に応じて進呈されます。進呈される商品券の金額は、1,000株以上で3,000円分、5,000株以上で4,000円分、1万株以上で6,000円分となっています。現在の株価からすると、不二家の株主になるために必要な最低投資金額は20万円以下です。この程度の投資金額で株主優待を受けられるという実態も、不二家株の人気要因の1つです。