マンション投資のデメリットと失敗例

マンション投資の典型的な失敗例は、マンションの管理がきちんとできなくなることです。
そもそも、マンション投資を行うときにはマンションを取得するだけではなく取引をするための専用の資格を持っていなくてはいけません。マンションを収益物件として扱う場合には、それがどのような取引であったとしてもその取引によって相手に対してそのマンションに対する現状の説明をきちんと行う必要があるからです。これは宅建業の資格を持った人が取引をする相手を目の前にして説明しなくてはならないので、マンション投資であっても変化がありません。こうした準備を行う段階できちんとした容易をしていないと確実に失敗につながってしまいます。
実際に、マンション投資を成功させている多くの人はこうした収益物件の管理を専門の不動産会社に委託しています。収益物件の管理は非常に難しく、自身で管理を行うとその管理だけで全ての時間を奪われてしまうことになります。専門の不動産会社に任せればこうした管理を全て行ってくれるようになるだけではなく、その取引に関する全ての責任を業務を委託した会社が担ってくれるようになりますので、収益物件で投資をすると投資家には一切リスクが生じません。一方で、こうした管理を全て自身で行うとそのリスクや情報管理を全て引き受けなくてはならなくなります。マンション管理の情報統制はきちんとしたシステムがないとやっていくことが難しいので、安易に個人的な投資目的で行わないように注意をしなくてはいけません。収益物件で最も重要なのは、その物件から恒常的に利益を得ることが出来る環境を作ることですので、その環境づくりに失敗してしまうと典型的な投資の失敗例になりますので注意をしましょう。